サイトメニュー

半年先を見据えて

顔に触れる女性

計画性と日常生活の影響

小顔になるためにボトックス注射を始めて利用する人にアドバイスがあります。それは、焦ることなく数か月先を見据えて利用することです。というのも、ボトックス注射は施術してから3週間から2か月ほどで効果が表れると言われています。ボトックスは筋肉を弛緩させて使えないようにして、自然に細らせていくことで小顔にさせていきます。その筋肉を細らせて目に見える効果が表れるのが3週間後というわけで、施術してすぐに効果が表れると言うわけではありません。ただし、効果が弱いケースもあり、そのときは再度ボトックス注射を利用することでより効果を出すことができます。そのため、念のために数回利用することを想定していた方が良いでしょう。そのボトックス効果は、半年ほど持続すると言われています。もしも、「結婚式のために小顔になりたい」といった目標があるのならば、約半年前から美容外科の医師に相談してみることをお勧めします。そうすることで、目標とする期日に小顔にできる可能性が高まります。小顔のための美容整形には、ボトックス注射以外にもいくつかの施術方法の種類があります。有名なところでは、脂肪吸引や頬骨・エラ削りなどが挙げられるでしょう。こちらは大掛かりな手術であるため、入院するケースも多く費用もかかるデメリットがあります。そのため、仕事をしている女性には利用しにくい施術方法です。同じ注射でいうならば、脂肪溶解注射がありますが、比較的に安価ではありますが脂肪溶解において人体にストレスを及ぼす可能性があります。どの小顔の美容整形も、人体に負担がかかったり、入院を余儀なくされたりと、効果が得られるまで日常生活に影響を及ぼしかねません。一方、ボトックス注射は、人体への負担がほとんどなく施術時間も数十分で終えるため、入院は必要ありません。さらに、施術したその日は強い刺激を与えないかぎり、通常の日常生活を営むことができます。このように、日常生活に影響を及ばさないメリットから、小顔の美容整形にボトックス注射を選ばれる女性が多いわけです。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔を目指す理由【手軽で負担が少ない】 All Rights Reserved.