サイトメニュー

エラ張り顔の改善に

カウンセリング

エラをシャープに

ボトックスはボツリヌス菌という神経毒を筋肉に注入することによりその箇所に麻痺を起こさせる治療方法です。麻痺が起こることで筋肉が細く小さくなっていきます。おでこや目尻に対する表情ジワの改善に役立つことでよく知られていますが、他にも小顔効果、脇や手足の発汗抑制効果、毛穴縮小効果、ふくらはぎや二の腕のスリム効果など全身美容に役立てることができるのです。人によって個人差はありますが、注入後2?3日すると変化が見られ、効果は3?6ヶ月持続すると言われています。整形手術はやはり踏み切るにはかなりの決断が必要ですが、ボトックスの場合は注射のみの施術ですので気軽に受けられることが人気の秘密です。また徐々に変化していきますので周りから気づかれることもないので安心です。ただ施術を行う医師には熟練した技術と知識が求められます。正確な筋肉の位置に適量のボトックスを打つ必要があるからです。特に小顔効果を望む場合は咬筋という口の周りに筋肉に打ちますので、筋肉が入り組んだ顔においては相当な技術が必要です。カウンセリングをしっかりと受けてから施術を受けるかどうかを決めましょう。ボトックスで小顔効果が期待できるのは、エラが張ったタイプに対してのみですので注意が必要です。骨格そのものが大きいタイプや脂肪が多いタイプはボトックスの効果は望めません。骨格矯正や脂肪吸引など他の治療方法になります。エラが張っているのは、噛む時に使われる咬筋という筋肉が発達していているためと考えられます。その位置にボトックスを注入することで徐々にエラのフェイスラインがすっきりとシャープな小顔になっていきます。2回目の施術は4?5ヶ月間隔を開けてから行いますが、効果は初回よりも長く持続します。ボトックスは繰り返し注入することで持続期間が長くなり、咬筋が小さく細くなっていきます。エラ張りの場合、3回程度注入すると効果が高いと言われていますが、自分の納得するまで続けても問題はありません。医師から言われた期間を待たずに次の注入を行うと、ボツリヌス菌に対して抗体ができてしまうことがあります。そうなるとボトックスの効果は期待できませんので必ず期間は守りましょう。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔を目指す理由【手軽で負担が少ない】 All Rights Reserved.