サイトメニュー

理想のフェイスラインを

医者

手軽に綺麗になる

綺麗になりたいと思うのは自然な事で、気軽に希望が満たされればこんな嬉しいことはありません。最近は特に「小顔になりたい」と希望する方々が増えています。情報化時代にボトックスという名前も様々な場面で耳にし目にします。後存知のようにボトックスとはボツリヌス菌が作るたんぱく質を医療用として加工したものなのです。でも、厳しい規制の元きちんと管理されています。小顔の治療にはエラボトックスと言う方法が用いられ、手術や入院といった負担がいらないと言うところが魅力の一つ。ボトックス注射をエラの咬筋に3?5箇所注入して終了、時間にしてだいたい5分程度で終わってしまいます。しかも、注射した直後でもメイクや洗顔ができるのです。なので仕事の合間でも、ちょっとした隙間時間でできます。効果には個人差がありますが、だいたい3日後ぐらいから効果が出始め、1?2週間程度で実感が得られるのです。注射をするだけなので、麻酔を打ったりもしませんが人によっては針の痛みが心配な方もいらっしゃるので相談すれば大丈夫です。ボトックスによる小顔治療は昨今それほど珍しいことではなくなってきています。専門の病院等の他に一般の病院でも扱っている非常に安全性の高い治療方法で、ボトックスによる小顔の治療はそんなに身構えずに出来るものです。薬はすぐに神経に取り込まれますが、効果が現れるのはだいたい3日後ぐらいからです。その後、数ヶ月ほどで徐々に注射前の状態に戻ってきますので、効果を継続するのであれば、定期的な治療が必要になってきます。それにいくら手軽とはいえ、やはり医療行為なので、それなりに施術後は気をつけなければいけないことがいくつかあります。注射した後は運動やマッサージなどは2?3日ぐらいは控えた方がいいです。注射後、まれに皮下出血などで皮膚が変色するこが数十人に一人ぐらいの割合で起こることがあり、痛みが伴う場合もあることを承知しておいたほうが良いです。しかし、これらの症状は効果が予想以上に現れたと言うことで、効果が徐々に薄れると共になくなってきます。ただ人によって他にも副作用があることがあるので、何か違和感など変だと思ったらすぐに主治医に連絡をして下さい。そのような、しっかりとしたカウンセリングやアフターケアも大事な要素です。

Copyright© 2018 ボトックスで小顔を目指す理由【手軽で負担が少ない】 All Rights Reserved.